十人十色詩

作者の日常を綴ったもの。小説やゲームなどの話題あり。
0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

和みます

※アウローラさんへ。大げさでごめんなさい。


「意中の人?いいえ、部外者です」

放課後の、県立勝駒高校の中庭。雲ひとつもない、晴々とした青空。
何十期生かの寄贈品と思われる、白いベンチとテーブル。
女子高生たちが集まって、その場でガールズトークをしている。
三台の自動販売機には、六名の男子高校生が話しながら並んでいる。
ココアやミルクティーなどの缶を片手で持つ、車座になって黄色い声になって笑うものたち。
人目も気にせずに、愛の告白をしつつ抱擁する、リア充カップル。
地べたに腰を下ろし、ひたすらノートの書き写しをするもの。
形相が険しく、二冊のノートを比べて、真剣に取り組んでいる。
賑やかな雰囲気が一変、騒がしい雰囲気へとなる。
少し離れた場所、ベンチの上で先客者がいた。
頭をこくりこくりとする、腰をかけて眠っている男子学生だった。
少年から青年までのギリギリラインの、幼さを少し宿すその寝顔は、どこか無防備で危うい。
さらっとした、くせのない黒髪が重力によって、斜めに垂れ下っている。
線の細い体格。おなごのように華奢である。
良眠している男子学生を、遠くから見つめる三人がいた。
「桜花たんじゃない……!?しかも、男だ……!」
「あいつ、桜花たんの絶対領土を占領している……!」
「お初な彼氏なのか……!?」
勘違い、斜め上。桜花たん崇拝である、男子三人組が興味深々になっていた。
滅多に近づくことがない彼らにとって、羨ましく尊敬の念を送っている。
「見たことのない奴だなあ。転校生なのか?」
「転校生だったら、噂になっているよ」
「そうそう!だけど、桜花たん専用ベンチに座るなんて、大胆不敵としか思えないよ!」
三人組は、あれよこれよの妄想を起こしている。完全に変態と化していた。
ガタイの良い、長身の少女が大股になって歩行していた。
ポニーテールの黒の毛先が大きく開き、激しく揺れ動いた。
彼女の名は、深山桜花。やられる前にやり返せな精神を持つ、けんかっ早い少女である。
難しそうな、無愛想な顔つきで、例のベンチへ近づいてゆく。
「あ、やばいよ」一言のように呟くもの。
「昇天するね、きっと」男子学生に、同情の眼差しをするもの。
「がっしょーー」軽い口調で、両手を合わせるもの。
彼らをよそに、桜花は男子学生の前に立つと、その胸倉を掴もうとする。
しかし、彼の細腕が伸び、その右手首を掴んだ。
軽くひねった途端、桜花の身体のバランスが崩れた。
勢いよく、重い音を立てて、うつ伏せに倒れ込む。
幸い、受け身をしているため、重体になるのを防いだ。
桜花は驚愕な表情をして、倒れたまま相手を凝視していた。
二人を見守っていた、桜花たん崇拝組は泡を食っていた。
「ああああああ、あいつ!桜花たんを簡単に倒したぞ!?」
「た、ただものじゃないっ!?何者なんだ!?」
「ややややややっぱり、かかかかか、彼氏!?」
さらなる勘違いが、彼らの中にあった。


不完全漏刻・古の器×銀の血の王子のコラボです。同じ、血液関係でいってみました。
不完全漏刻・古の器の関彬と、銀の血の王子の深山桜花氏といつもの三人組です。
なぜ、彬が少年姿なのかは、次の物語に続きます。
そして、改めて4周年おめでとうございます。今後も、よろしくお願いします。
【 2012/10/17 (Wed) 】 コラボ小説 | TB(-) | CM(2)
ぬおおおおおお!
 こんばんは、アウローラです☆
 ――って、ふおおおおお! 当ターミナル4周年記念に、このようなコラボ作品を書いてくださるとは~っ!!(踊)
 ユトピーさんはじめ、漏刻~の皆さんたちは、よくバトンへの回答などに登場なさっているので、親しみがあります☆
 ……というか、ブレない奴らだ、変態3人組っ……! そして自分のベンチを占領されて、速攻で胸倉を掴みに行く桜花さん!(笑)
 登場人物たちの性格をよく捉えてくださっていて、感動です!
 こちらの作品、ぜひともグランド・ギャラリーに展示させていただきたいのですが、よろしいでしょうか……??
 お忙しい中、4周年をお祝いくださいまして、本当にありがとうございました~っ!!(拝)
【 2012/10/17 】 [ 編集 ]
Re: ぬおおおおおお!
こんばんは、アウローラさん。気に入っていただき、感謝の言葉でございます。
桜花氏と桜花たん崇拝3人組の性格に近づいているのか。
少々心配しておりましたが、捉えているということで安堵しています。
グランド・ギャラリーに展示ですが、もちろん、OKですよーー。
返信をしていただき、ありがとうございます!また、続きを書こうと思っています!
【 2012/10/17 】 [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

両性こたつむり

Author:両性こたつむり
「君が望む世界詩」の管理人です。
ロマサガ2、ダイ大などの二次小説を書いていますが、FTやSFなどのオリジナル小説も書いております。

みんな、ありがとん!
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ